01月25日は『とちぎのいちごの日』

栃木いちご消費宣伝事業委員会が制定。

1968年(昭和43年)から生産量日本一を誇る栃木県のいちごをより多くの人に知ってもらい、食べてもらうのが目的。

日付は 1月から 3月にいちごの流通の多いことと、『と(10)ちぎのいちご(15)』の語呂合わせを 10+15=25として 25日をそれぞれ記念日にしたもの。


いちごの話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space