03月04日は『雛そば』を食べる日

そばが長く伸びるので縁起物ということから菱餅に替わって、江戸時代ごろから始まったというのが定説となっている。

江戸時代の『俚言集覧』に、「雛様の蕎麦、俗に三月四日に雛へ蕎麦を供する」とあることから、1740年代には「雛そば」が存在していたと思われる。

当時の江戸では3月4日にそばを供えてからお雛様をしまったという。


蕎麦の話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space