05月06日は『ふりかけの日』

国際ふりかけ協議会が制定。

大正時代、当時の日本人のカルシウム不足を補う方法として魚の骨を砕いてご飯にかけて食べる、ふりかけの元祖を考案した熊本県の薬剤師・吉丸末吉氏の存在を知らせることと、ふりかけという食文化の発展が目的。

日付は吉丸氏の誕生日が1887年(明治20年)5月6日であることから。


ふりかけの話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space