06月30日は『夏越ごはんの日』

米穀安定供給確保支援機構が制定。

日本の食文化の中心で四季折々の行事にも密接に関係している『米』の新たな行事食として『夏越(なごし)ごはん』を提唱。

『夏越ごはん』は一年の前半の厄を払い、残り半年の無病息災を願うもので、粟や豆などが入ったごはんに茅の輪をイメージした夏野菜の丸いかき揚げをのせ、しょうがを効かせたおろしだれをかけたもの。

日付は6月の末日が一年の前半の最終日にあたることから。


夏越ごはんの話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space