立冬は『あられせんべいの日』

1985年(昭和60年)に、全国米菓工業組合が制定

新米で作られたあられやお煎餅をコタツに入りながら食べてもらおうと『立冬』の日を選択。

立冬は『鍋と燗の日』

日本酒がうまい!推進委員会」が制定。

日本らしい古き良き風習をあらためて見直し、温かい鍋とともに、温かい日本酒を愉しむ機会を広めるのが目的。

立冬は『とんかつの日』

比呂野が制定。

「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣に習い、毎年、寒さが本格化してくる立冬にはとんかつを食べて活力をつけ、冬の寒さを乗り切ってもらおうとの想いから。

立冬は『夜なきうどんの日』

トリドールが制定。

寒さが本格化する冬の夜にうどんを食べることで身体をあたためる「夜なきうどん」という食文化、習慣を伝えていくのが目的。

日付は暦の上で冬の始まりを告げる二十四節気のひとつ『立冬』に。

立冬は『ココアの日』

森永製菓が制定。

1919年(大正8年)に日本で初めてカカオ豆からの一貫ライン製造による飲用ココアを発売した同社のココアの美味しさをより多くの人に味わってもらうのが目的。

日付はココアは体が温まる飲み物として 11月上旬から飲む機会が増え始めることから、冬の気配を感じ始める立冬を記念日に。


あられ せんべい 鍋 燗 とんかつ うどん ココアの話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space