土用丑の日には『うなぎ』

夏バテ防止にうなぎの蒲焼を食べると良いとされる日。

土用の丑にうなぎを食べる習慣は江戸時代の蘭学者『平賀源内』が、知人である鰻屋のために『本日、土用の丑の日』と書いて店頭に貼り出したところ、大繁盛したというのが有名な説。

土用丑の日には『餅』

宮中の公家の間では、土用の丑の日に、ガガ芋の葉を煮出した汁でもち米の粉を練り、丸くまるめたものを味噌汁に入れて食べると暑気あたりしないという風習があった。

土用丑の日には『卵』

土用の期間に産み落とされた卵は、特に精が付くといわれていることから。

土用丑の日には『しじみ』

「土用しじみは腹ぐすり」といういい伝えがあり、夏バテに役立つと昔からいわれており、江戸時代の庶民は、値のはるうなぎより「土用しじみ」の方が手軽に食べられるものでもあったと言われる。


うなぎ 餅 卵の話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space