節分は『のり巻きの日』

1987年(昭和62年)に、海苔業者が制定。

節分の夜に恵方に向かって太巻きを食べると幸福になれるという言い伝えから。

節分には『節分そば』

江戸時代には立春が年の改まる日という考え方があったため、大晦日ではなく節分が本当の年越しと考えられており、節分に食べるそばを「年越しそば」と呼んでいた。

暦が旧暦から新暦に変わったことで「年越しそば」を大晦日に食べることが定着。

年に二度の「年越しそば」もいかがなものかと「節分そば」に名を変えたもの。

節分には『巻寿司』

あじかんが制定

季節の始まりを表す立春、立夏、立秋、立冬の前日の節分、季節を分けるその日に巻寿司を丸かぶりすると幸福が訪れるといわれていることから。


恵方巻き 節分そばの話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space