半夏生には『タコ』

タコを食べると良いとされる日。

古来より農耕民族のお祭りとして、田植えが終了した時期に稲の根がタコのように地に吸い付き、根付くよう祈願して、食されてきた風習。

半夏生には『鯖』

鯖(サバ)を食べると良いとされる日。

一匹丸ごと焼いた「焼き鯖」を一人1本、家族全員が食べるという風習で福井県(大野市を中心とした地域)に伝わる。

半夏生には『うどん』

うどんを食べると良いとされる日。

香川県の農村では、麦の刈入れや田植えが終わる半夏生の頃その年に収穫された麦を使ってうどんを打って農作業を手伝ってくれた人達に振舞っていたことから。


タコ 鯖 うどんの話題/保存法/調理法


STATUS





Twitter Facebook Google +
space