今日は何の日?食べ物編

What day is it today? Chapter of food.
If it is a hint of the menu making of every day, it is glad.

表示月を選択

2023年1月31日の今日は何の日?

  • 1月31日は
    『愛菜の日』

    カゴメが制定。

    『野菜を愛する日』を『愛菜(あいさい)の日』と名付け、野菜の摂取量が少なくなりがちな時期の1月から2月にもっと野菜を食べ、健康的な食生活を送ってもらいたいとの思いから。

    日付は時期的なことと、1を『アイ=愛』、31を『サイ=菜』の語呂合わせから。

  • 1月31日は
    『焼ビーフンの日』

    ケンミン食品が制定。

    1960年に誕生した同社を代表するロングセラー商品である『焼ビーフン』の魅力をより多くの人に知ってもらい、焼ビーフンファンの拡大を図るのが目的。

    日付は2020年1月31日に世界で最も長く販売されているビーフンブランドとしてギネス世界記録に認定されたことから。

  • 毎月最終日は
    『そばの日』

    1983年に日本麺類業団体連合会が制定。

    江戸の商人が毎月月末に縁起物として蕎麦を食べていたことから。

  • 31日は
    『菜の日』

    ファイブ・ア・デイ協会が制定。

    1日5皿分(350グラム)以上の野菜と200グラムの果物を食べることを提唱し、野菜中心の健康的な食生活を広めるのが目的。

    日付は『菜(さ(3)い(1))』の語呂合わせから。

  • 寒の土用の丑には
    『うなぎ』

    うなぎのまち岡谷の会が1998年12月に『岡谷・寒の土用の丑の日』を制定。

    長野県岡谷市は古くからうなぎの漁獲量、消費量とも多く、そのまちにふさわしい寒の土用にもうなぎを食べる新しい食文化を築こうとの思いから。

2023年1月の今日は何の日?

今日にジャンプ


TOP